PostgreSQL日記

アクセスカウンタ

zoom RSS イタリア旅行(7)

<<   作成日時 : 2008/11/16 21:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

予告通り,本日はいよいよフィレンツェの中心街へ.まずは,ドゥオーモ広場へ.最初に見学したのは洗礼堂.
有名な「天国の扉」を見る.金色に輝いているので,金箔でも貼っているのかと思ったら,人々に触られ続けて金色になったのだそうだ.写真が不自然に上の方しか写っていないのは,あまりの人だかりで,これ以上アングルを下げると頭ばかりが写ってしまうから.その位の人気だ.

画像


天国の扉の後ろを振り向くと,そこはサンタマリアデルフィオーレ大聖堂.今回の旅行の最大の見所だ.巨大な建物の周囲は素晴らしい彫刻で埋め尽くされている.また,この大聖堂には内部を登ることのできる巨大なクーポラがある.これを登るが今日最大の目標だが,まずは大聖堂の中を見学しよう.

画像

画像


大聖堂の背後に見えているのがこのあと登ることになるクーポラ.

画像


大聖堂の入場は10:00からだが,9:30の時点ですでに長蛇の列.仕方がないので並んだが,思ったよりもスムーズに入場できた.中に入ると,予想に反してすっきりした巨大な空間.はるか上に見えるクーポラの壁画が美しい.良く見ると,たまに人がクーポラの上の方の通路を歩いているのが見える.我々も後であそこまで登るのかと思うとわくわくする.

画像


画像


画像


最後に,大聖堂の地下で発見されたという,遺跡を見た.思いの外広い空間に小さな展示場と土産物屋さんがあった.

画像


一度大聖堂の外に出て,左側の方に回り,別の入り口からもう一度大聖堂に入り,いよいよ登頂開始.年期の入った小さな入り口に緊張感が高まる.

画像


途中はこんな感じの階段.このあたりはまだ下の方なので,比較的通路は広い.

画像


通路の途中に所々窓があり,美しいフィレンツェの町並みを見ることができる.暗い通路を登り続けて心細くなったところでほっと一息つけるポイントだ.14年に渡って続いたという建設工事に従事した労働者も同じようにここでほっと一息ついたのだろうか.

画像


途中の踊り場?にあった彫刻.

画像


クーポラの天涯部分に到着.階段通路から大聖堂の中に入る.この壁の穴は,中に太い木材を突っ込んで,足場を組んだ後とのこと.同じような穴がクーポラの壁の周囲に多数空いている.

画像


先ほど大聖堂の1Fから眺めた天井画がこんなに間近に見える.題材は最後の審判とのこと.じっくり眺めたいところだが,狭い通路に観光客がひしめいているので,先を急がざるを得ない.

画像


こんな感じで通路はプラスティックの壁に囲まれている.

画像


下を覗き込むと,人が小さく見える.よくここまで登ってきたなぁ.上を見ると,ステンドグラスがすぐそこに.

画像


画像


ここから更にクーポラのてっぺんを目指す.すでに通路はクーポラの形を反映してかなり湾曲している.
ここで写真をアップロードしようとしたら....「1日にアップロードできる容量を越えてます」だと.
そんな制限があるのか,ウェブリブログ二は.残念ながらこの続きはまた後日ということで.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
イタリア旅行(7) PostgreSQL日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる